エアコンの不調

2週間ほど前に、寝室のエアコンから室内に水が漏れました。



それで今日修理の方に来てもらいました。

その修理の方は、まず始めに外に出ている排水のホースを吸引器のようなものでプシュプシュ吸い始めました。すると中からバラバラになった虫の羽やら何やらが出てきて、私だけギョッとしました。

修理の方は、やっぱりと言わんばかりの感じで「コガネムシです。」とおっしゃっやってました。「この辺はこういうこと多いんですよ。緑も多いですからね。」とのことでした。

ゴミが詰まっている可能性は少し考えましたが、まさか虫とは。。。しかも、エアコンのホースに詰まるのは殆どがコガネムシだそうです。他に同じような大きさの虫がいそうでいないもんなんでしょうか?不思議。

そしてそして、久々に動かした室内機からもコガネムシが落ちてきました!!…これは何となくそんな気がしたので構えつつ電源を入れたのですが。コガネムシかは分からなかったけど、そこに虫がいるのは分かってました。なぜなら一昨日ガサガサブンブン音がしてたから。虫が苦手な私は、その時家には一人だったし敢えてエアコンの中を開けることはせず、修理のときに取り出してもらおうと、そのままにしていたのです。

そしてエアコンを動かし続けること数十分、無事室内ではなく外のホースから排水されました。良かった良かった。

コガネムシ対策には、ホースの出口にネットを被せてゴムで止めるなり何なりすると良いそうです。



余談ですが、その修理の方、何だのんびりした感じの方で、「今日はただコガネムシを吸っただけなので、お代は頂きません。」とおっしゃいました。いやしかしお仕事で時間割いて来てもらったのにそういうわけには…と思い戸惑っていると、「じゃぁ申し訳ないですが、出張費だけ頂いてもよろしいですか?」ということで、そうなりました。「ぜひそうしてください!わざわざ来ていただいたので。」と即答し、無事出張費をお支払いしました。それだけで良いのか…!?って気もしたのですが、あんまり食い下がっても何だと思いまして。

世の中には、悪い手を使ってまでも大金を得ようとする人もいれば、謙虚な人もいるもんだなぁとしみじみ思いました。



ちなみにその方のお話では、この辺は冬になると今度はヤモリが室外機の隙間に入り込んで冬眠をすることがあるそうです。で、やはりエアコンが動かなくなったという問い合わせで駆けつけてみると、エアコンを運転した時に感電して天に召されたヤモリさんが室外機の中から出てくるそうです。

この記事へのコメント