里帰り

来年の2月頃、里帰りで出産予定です。

まぁ実家は自宅から1時間以内の所ではありますが、しばらく家を離れるのには変わりないことで、その間そらのことが心配でした。

始めは旦那さんにお世話を頼む予定だったのですが、何分平日はそらが起きてる時間には家にいないことが殆どで。。。時間さえあれば、そらも懐いてるし良いんですがねぇ。

それでも、もし元々そんな感じで、私も朝から晩までいない生活で慣れていたらまだ大丈夫な気もしますが、今年の夏にお腹にチビさんが宿ってから私は短時間しか働いていなかったし、そらがひとりで家にいる時間はそれまでに比べて圧倒的に減りました。



で、ひとりで長時間お留守番させる方法とやらをネットで調べたりしてみたのですが、一番理屈的に納得した情報は「お留守番をさせなければいけない状況がやってくることが予め分かっている場合は、できれば数ヶ月前からそれに慣らすのが良い。」という感じのことでした。

例えば、家にいてもあまり構い過ぎないようにするとか、それを徐々にしていくとか。

たしかに、今まで毎日ちょこちょこ相手にされていたのが急にシーンってなったら落差が大きすぎるもんなぁ…と。そうは言ってもそれは理屈上で、やっぱり一緒にいるのに構わないって辛過ぎる!!っていうのが現実で。

でも実家には猫ちゃんがいて連れて帰れないし、当初考えていた私の中での最善の策は、「里帰り近くなったら少しだけ構うのを控えて、里帰りしたら生まれるまでは何日かに1回(あわよくば毎日…)そらに会いに帰って、生まれたらなるべく早く帰ってくる。」っていうものでした。実家と自宅は割と近いし、臨月でも昼間なら移動も大丈夫だろうっていう考えで。

それでも真冬だし、完全に健康なわけではないそらを置いて行くのは心配だったのですが、仕方ない…っと思っていました。



ところが、母に顔を合わせるたびに「(里帰り中)そらちゃん心配だな~」というようなことをちょくちょく言っていたら「じゃぁ連れて来れば?」と言ってくれました!!毎度私がそんなことを言っていたので考えてくれたのかもしれましん。大して広くはない実家ですが、1室をその期間だけ猫ちゃん立ち入り禁止にして、私とそらに貸してくれるそうです。

普段は猫ちゃん家中どこでも行けるようになってるので、行動範囲を狭くしてしまって猫ちゃんには悪いなぁと思うけど、甘えることにしました。



そういう訳で、里帰りはそらと一緒にする予定です♪

一見強気に見えて意外とビビリなそらなので、環境の変化にも動揺するかもしれませんが、そこは頑張ってもらいます。




この記事へのコメント